新着情報

イベント・行事のご案内

お見舞い

 「平成28年 熊本地震」 お見舞い申し上げます。
この度の熊本における地震により、被災された皆様方に
心よりお見舞い申し上げるとともに、
被災地の一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

          日本高専学会 会長 日高 良和

募集案内

2016年度「研究奨励賞」の募集について


応 募 資 格 :2016年度において高等専門学校専攻科に在籍する学生
応 募 期 限 :2017年1月13日(金)(必着)
推薦書等送付先 :〒572-8572 大阪府寝屋川市幸町26-12
大阪府立大学工業高等専門学校内
日本高専学会 事務局長 金田忠裕
案内ページ
年会開催案内

●日本高専学会第22回年会

 テーマ:「進化する高専 ―その方向性を探る―」

 

基調講演

演題新時代の高専とその人「財」育成
講師独立行政法人 国立高等専門学校機構 理事長 谷口 功 氏

                   
期       間:2016 年 8 月 27 日(土) 9 時 〜 8月28日(日) 13 時
開催校(主管校):沼津工業高等専門学校
会       場: 沼津工業高等専門学校(〒410-8501 静岡県沼津市大岡3600)
主       催:日本高専学会
共       催:沼津工業高等専門学校
実行委員長 :日高 良和 (会長・宇部高専)
事務局担当 :山本孝子(副会長・徳山高専)
問合せ先  :日本高専学会 第22回年会講演会事務局 山本孝子
TEL:0834-29-6311
E-mail:T-YAMA@TOKUYAMA.AC.JP(小文字に変換してください)
発表申込み〆切:6 月 3 日(金)6 月 22 日(水):終了しました
原稿提出〆切:7 月 8 日(金):終了しました
事前参加登録〆切:7 月22 日(金):終了しました
投稿料
事前振込み〆切:8 月12 日(金):終了しました
投稿料(事前振り込み金額)は筆頭者の資格により以下の通りとなります。
投稿件数分だけお振り込み願います。
正会員  :5,000 円 [ 当日6,000 円] (会員のみ)
シニア会員:2,000 円 [ 当日3,000 円] (会員のみ)
学生  :2,000 円 [ 当日3,000 円] (会員・非会員問わず)
*聴講のみ無料
 なお,講演論文集(DVD版)が必要な方は2,000 円にてご購入ください
懇親会会場: 三島プラザホテル(〒411-0855 静岡県三島市本町14-31)
TEL:(055)972-2121
参加費:一人6,000円
*沼津高専から会場まで送迎バスを用意します。

大会は終了しました。報告書は、こちらから

会長挨拶

●第10期会長に就任して

日本高専学会 会長 日高 良和
 
学校とは世の中を幸せにする人たちを輩出する機関、私はそう思っています。 高専が行う教育で学生たちが技術者の卵として必要な知識を蓄え、巣立ち、さらに育って行き、良い社会を作る。 多くの人たちが喜び、幸せになる、その出発点として高専があると、私は思っています。 産業界からの評価が高い高専ですが、世の中の技術革新と社会情勢にすばやく適応できる 高等教育機関として更なる発展を期待されるでしょう。日本高専学会としては、 その期待に応えるために高専における教育や活動の研究を推進し、世界に例を見ない15歳からの早期技術者教育を行う高専教育をより充実させたいと考えています。
現在の本学会の活動は、学会誌の発行、年会・講演会とシンポジウムのそれぞれを年1回開催と情報収集と発信の場が少ない状況となっています。 しかし、学会の活動としては充実してきており、技術者教育研究所が進めている女性技術者育成に関する研究は、ここ数年の年会・講演会で継続して議論して充実されてきました。また、理事会からは高専における一般教育(教養教育)の在り方として、これからの高専教育に必要な活動の提示と討論、学会誌編集委員会による地域連携や国際交流等各高専が行っている取組を系統付けて情報提供しています。会員の皆さんには、これらの情報を是非活用して頂き、より良い高専教育の構築にご尽力いただきたいと願っています。 日本高専学会は、会員の方々の支援と理事・委員会等の献身的活動によって支えられていますが、 活動資源の許す限り、高専教育の発展に貢献する所存であります。今後とも皆様の一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


2013年11月1日
Yoshikazu HITAKA
宇部工業高等専門学校 電気工学科
〒755-8555 山口県宇部市常盤台2丁目14番1号
hitaka@ube-k.ac.jp

↑ページトップへ